• TOP TOP
  • 会員登録 会員登録
  • ログイン ログイン
  • ヘルプ ヘルプ

APIについて

prooryでは出品商品を広めて頂くためにオープンなAPI(Application Programming Interface)を公開しています。
公開されているAPIを使用して、様々なApplicationを開発してみませんか?
APIの使用に制限はありません(但し、誹謗中傷につながるアプリケーションや公序良俗に反する可能性を含むアプリケーションの開発を除く)。Web Applicationが完成した場合、お問い合わせフォームからご連絡頂ければ、このページでご紹介させて頂くかもしれません。:-)

APIの使用例

proory APIはXML形式で呼び出されます。
それでは、具体例を使って学んでいきましょう。

新着商品を呼び出す

prooryに新しく登録された商品は下記のURLから呼び出すことができます。

			http://proory.com/api/new/n/#1.xml
		

ここで「#1」は呼び出す商品の数になります。

例えば、新しく登録された3つの商品を呼び出す場合のURLは下記のようになります。

			http://proory.com/api/new/n/3.xml
		

すると、下記のようなXMLファイルにアクセスすることができます。

			
	<data> 
		<item> 
			<username>carters</username> 
			<name>アンティーク 3灯シーリング ガラスランプ(50S USA)</name> 
			<id>carters-7913306</id> 
			<price>18800</price> 
			<shipment>800</shipment> 
			<quantity>1</quantity> 
			<category>家具</category> 
			<sub_category>照明</sub_category> 
			<material>ガラス,スチール</material> 
			<keywords>アンティーク,ミッドセンチュリー</keywords> 
			<time>2010-08-21 19:35:59</time> 
		</item> 
		<item> 
			<username>carters</username> 
			<name>アンティーク ピンナップ コップ(50S JAPAN</name> 
			<id>carters-7199583</id> 
			<price>3280</price> 
			<shipment>600</shipment> 
			<quantity>1</quantity> 
			<category>グラス・食器類</category> 
			<sub_category>その他</sub_category> 
			<material>陶器</material> 
			<keywords>アンティーク,ピンナップ</keywords> 
			<time>2010-08-21 19:21:27</time> 
		</item> 
		<item> 
			<username>carters</username> 
			<name>アンティーク ピンナップ コップ(50S JAPAN)</name> 
			<id>carters-3966700</id> 
			<price>2980</price> 
			<shipment>600</shipment> 
			<quantity>1</quantity> 
			<category>グラス・食器類</category> 
			<sub_category>その他</sub_category> 
			<material>陶器</material> 
			<keywords>アンティーク,ピンナップ</keywords> 
			<time>2010-08-21 19:09:43</time> 
		</item> 
	</data>
			
		

XML要素の対応表は下記になります。

item 出品商品
username 出品者
name 出品商品名
id 出品商品ID
price 価格
shipment 配送料
quantity 数量
category 該当商品が出品されているカテゴリー
sub_category 該当商品が出品されているサブカテゴリー
material 出品商品の素材
keywprds 出品商品のキーワード(複数の場合あり)
time 商品が出品された時間

サーバーサイドの言語がPHPの場合、下記のようにsmplexml_load_file()を使うことで簡単にこのXMLを利用することができます。

			
	$new_items = simplexml_load_file("http://proory.com/api/new/n/3.html");
			
		

特定の商品を呼び出す

prooryに登録されている特定の商品は下記URLから呼び出せます。

	http://proory.com/api/item/id/#1.xml
		

ここで「#1」は呼び出す商品のidになります。

商品のIDは個別商品ページのURLに使用されています。
例えば、「マンサク君 32」のURLは下記になります。

	http://proory.com/items/anemoneman/マンサク君 32/anemoneman-2668914.html
	

ここで、「マンサク君 32」のIDは「anemoneman-2668914」です。

APIで「マンサク君 32」を呼び出すURLは下記になります。

	http://proory.com/api/item/id/anemoneman-2668914.xml
		

XML要素の対応は新着商品の場合と同じです。

カテゴリーを呼び出す

proory内のカテゴリーは以下のURLで呼び出せます。

カテゴリーの場合:

	http://proory.com/api/item/category/#1.xml
		

サブカテゴリーの場合:

	http://proory.com/api/item/sub-category/#1.xml
		

ここで「#1」は呼び出すカテゴリー名になります。

例えば、「アクセサリー」や、そのサブカテゴリーである「携帯ストラップ」を呼び出すURLは下記のようになります。

アクセサリーの場合:

	http://proory.com/api/item/category/アクセサリー.xml
		

携帯ストラップの場合:

	http://proory.com/api/item/sub-category/携帯ストラップ.xml
		

XML要素の対応は新着商品の場合と同じです。
なお、カテゴリーを呼び出した場合は新着の32商品が、サブカテゴリーの場合は新着の16商品のみ表示されます(近日中に対応予定)。

特定ユーザーの商品を呼び出す

prooryに出品している特定ユーザーの商品は以下のURLで呼び出せます。

サブカテゴリーの場合:

	http://proory.com/api/item/username/#1.xml
		

ここで「#1」は商品の出品者名になります。

例えば、「マンサク君 32」の出品者である「anemoneman」さんの出品商品を呼び出すURLは下記のようになります。

	http://proory.com/api/item/username/anemoneman.xml
		

XML要素の対応は新着商品の場合と同じです。

APIを用いたデータ解析

prooryを運営する株式会社おたにではprooryのAPIを用いたハンドメイド商品のデータ解析を行っています。価格調査やマーケティングに関すること等、お気軽にお問い合わせ下さい。